ふっくらと持ち上がる目の下のくまを目立たなくするヒアルロン酸注射

婦人

切らないサーマクール治療

フェイス

サーマクールは効果が高いだけに、副作用が出るリスクも高くなります。未熟な医師がするとやけどをしたり、かえってたるみがひどくなる場合があります。専門医院のプライベートクリニック吉祥寺なら、質の高いサーマクール治療が出来ます。

» 詳細

効率よく脂肪を除去する

ボディ

ベイザーは、効率よく脂肪除去が出来る整形の一種で一度脂肪細胞を柔らかく溶かしてから吸引するので多くの脂肪を除去することが出来ます。また、肌へのたるみが出ないどころか逆に引き締まるので理想のボディラインを手に入れることが出来ます。

» 詳細

成長因子を増やして注入

医師

しわは、加齢による成長因子の減少が原因です。そのため美容外科で成長因子の注射を受ければ、しわは消えていきます。具体的には美容外科では、患者の血液から抽出した成長因子を、数倍に増やした上で注射しています。効果は注射後1ヶ月ほどで出てきて、その後3〜4年ほど持続します。

» 詳細

疲れ顔に見える原因と対策

目元を触る人

種類と原因

目の下にできるくまには、青色、茶色、黒色の3種類に分けることができ、それぞれ原因と治療方法が異なります。青色のくまは目の周りの血行不良が原因です。目の周りには毛細血管が何本も通っており、血液の循環が悪くなると青色のくまができるようになります。PCの画面を長時間見続けたり、不規則な生活が続くと血液が滞ってしまいできたものもあります。茶色のくまは、目をこすりすぎて色素沈着を起こしたり、紫外線を浴びたりすることによってできるしみと考えられます。また、落としきれない化粧品が残った時も原因となります。黒色のくまは、目の下にある脂肪が飛び出してできるものと目の下の皮膚がたるんだり落ち窪んだりしてできるものの2種類があります。どちらも加齢によって目の周囲の筋力が落ちたことが原因です。

それぞれの対処方法

青色のくまは、血行不良が主な原因ですからクリームなどを使ってマッサージをしたり温めたりすると改善されます。目の周りをマッサージする場合は、優しく押すようにしましょう。強く押すと色素沈着となり茶色のくまができる原因となりますので気を付けましょう。茶色のくまは、ハイドロキノン配合の美白効果のある化粧品を使うと効果的です。また、クリニックで美白効果の高い薬を処方して貰うのも良いでしょう。黒色のくまの場合は、美容外科クリニックなどで診察を受けて下さい。目の下の脂肪が飛び出している場合は、脂肪を取り出す施術が行われます。また、目の下が落ち窪んでいる場合は、ヒアルロン酸を注射すると目の下がふっくらと持ち上がりくまが目立たなくなります。施術についてはクリニックで相談することをお勧めします。